NIO YACHT CLUB
Top Page About Members Club Letter Topics Album Contact Us
012518
仁尾ヨットクラブ YUMEの航海日記

[トップに戻る] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

[夢]再出発8-7  投稿者:NAMIKOMACHI-5 投稿日:2015/02/24(Tue) 10:40 No.259

阿野御夫妻から久しぶりに近況報告です
別のメールでも、楽しすぎて、浦島太郎、花子状態のようです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
皆さんお久しぶりです、お元気ですか。

昨年11月にフィリピンに戻りクリスマス、そして新年を向かえ、今も暑いフィリピンで滞在中です。
1月の中旬から2月の初頭まで仕事の関係でバンコクに行った以外は殆どセブ島内で過ごしています。

北東の季節風(モンスーン)が安定して吹くので今年に入ってから次々と旅立つ艇が増えています。
その行き先は殆どが南下してマレーシアか東のパラオやマーシャル諸島に向かう艇です。

北上してアリューシャンからアラスカに向かう艇はフィリピンの島々をクルージングして回り、南の季節に変わるのを
待つ様です。

我々は色々な事情が絡み6月以降に北上しようかと思ったのですが、無理な様で今年の末以降に
北東が安定したら南下(マレーシア)も検討しています。

日本と違いその日や島によって風向きが違う、と言う事が無く、季節風できっちり決まった方向に風が吹くので
向かいたい方向に航海する為には季節を待つしか有りません。勿論、吹かれようとも叩かれようとも関係無い!

と云う猛者も居ますが何年、何十年とヨッテイーを続けている人には苦労してまで自然に逆らって航海する人は居ません。
我々も彼らに見習い遊びながらメンテを続け、やがて来る出航に備えるつもりです。

添付した写真は出航前のパーテイーでの一枚、リンダさん左とキャシーさんです。
リンダさんカップルは南、アレーシアに向けて、キャシーさんカップルはパラオに向けて旅立ちました。

もう一枚の船内での写真はジェーンさん&ロジャーさんで2月の初頭に出航しました。
彼らはフィリピンを廻りながら北上、台湾に渡り、石垣、沖縄、九州、後にアリューシャンからアラスカへ、そして母港であるサンデイエゴ
に戻るそうです。

ここのハーバーに来てから一番良くしてくれたので航海には別れは付き物と判っていても寂しい想いです。

3月末に一度夫婦で日本に帰国予定なので皆さんとお会いする事を楽しみにしています。
桜も3年ぶりに見れそうで楽しみです!

では皆さんお元気で今年もヨットライフを楽しんで下さい!

阿野大介&清子(Dai&Yoko) 2015年2月



無事でしたぁ・・  投稿者:NAMIKOMACHI-5 投稿日:2014/12/09(Tue) 17:57 No.258

阿野艇長からメールがきました
無事だったようです
よかったです
しかし、12月に台風とは驚きです
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お久し振りです。
>
> 電話、インターネットの回線が切断して、今日、復旧致しました。
> 気象庁の予想が粗、当たり、セブ島の北部サマール島に上陸、我々の係留地から中心
> が110マイルまで接近しました。
>
> 4日、5日でデッキ上の物、セイルは全て降ろし、増し舫いは16本にも成りました。
> 予想では風速50mだったので、船内は危険と判断して5日の午後にセブcityのホテ
> ルに避難しました。
>
> その後、台風のスピードが遅かった為、予定より遅れての接近でしたが、思ったより
> 風の影響を強く感じず、
> ホテルで缶詰状態で時間だけが過ぎました。 6日の夜半から7日の早朝にかけて多少
> 吹きましたが、私の感じでは15m位かと・・・・・
>
> オーストラリア人の友達夫婦と避難してのですが、一晩宴会して、翌8日の朝、何
> だったのかね?と。
>
> 午前中にマリーナに戻りましたが、街中も変化無く被害の後は見つかりませんでし
> た。
> 無事、船に到着し、被害状況をチェックしましたが、木の葉が少々、デッキに降って
> いるだけで、被害はありませんでした。
>
> 廻りのオーナーも大丈夫だったと、風速は最大20m程だったそうです。
>
> 上陸後、急速に勢力が衰えたのと、今回は昨年の台風で甚大な被害があったので、
> フィリピン政府も今回は事前に国民に周知して
> 被害を抑える事が出来たようです。
>
> 我々は台風の東に位置し強風域が北東から北西に偏った事で、幸い被害は免れまし
> た。
> 12月の台風にはウンザリですが、これも自然と諦めるしかないですね。
>
> ご心配をお掛けしました。
>
> 阿野大介
>


風速50m以上  投稿者:NAMIKOMACHI-5 投稿日:2014/12/06(Sat) 10:35 No.257

今、阿野艇長が回航しているヨット、夢はフイリッピンのカルメンに停泊中だが、台風22号が、50m以上という強風で接近している。
二年前に、奄美大島で知り合った、ニュージーランド人夫妻で艇名Dagonは、数年前の同じ場所で愛艇をばらばらにしている。
どうすべもなく、ただ大破していくのを見ているだけだったと聞いた、そしてその時の動画も見せてもらったことがある。
自然の猛威とはこういうことをいうのかと震撼したことを、記憶している
台風22号は、900hpaという 海面上昇も数メートルとなるだろう
自然相手のことだけに、どうしようもないだろうが
いろいろな思いを込めての回航だけに、艇もそうだが、人災も心配だ 無事でいてほしい
峠は12/7あたりらしい・・・・無事な写真を送ってきてほしい


再出発[夢]-8-6  投稿者:NAMIKOMACHI-5 投稿日:2014/08/03(Sun) 11:12 No.256




YUME航海記

ここポートカルメンでの滞在も2週間に成ったので、紹介したいと思う。

我々が係留中のジークス、ボートヤードはフィリピンダナオ市に隣接するポートカルメンの港に小型本船のドライドックに使用していた
掘割を利用してアメリカ人のジーク氏がハーバーとメインテナンスサービスを始めたのが25年前だ。

ダナオCityからはトライシクルやジプニーで10分程、カルメンまで5分、ゲイサノスーパー、SMマーケット、パブリッツクマーケット等
買い物には支障が無い。街まで一人8ペソ(18円)ほどで運んでくれるので、専ら我々はトライシクルを利用している。

今までのボホールタグビラランも便利で良かったのだが、メンテナンス、上架、桟橋の不安が有ったので、此処に移動してからは全てが
クリアに成ったのでラッキーだ。

19日に此処に移動してから最大の目的である上架をジークに相談した。隣のスリップで上架したら塗料は別で3万ペソ位に成るとの事。

で、彼からの提案で、YUMEはロングキールなので、ドライドックの垂直岸壁で干満を利用したボトム作業は如何だと。
場所は今我々が係留している横のスリップウェイの岸壁で以前、ロングキールの艇の作業をした事が有るとの事。

岸壁使用料金と塗料、作業は内のスタッフでして欲しいとの事で選択肢も無さそうなので、お願いした。
次の大潮が27日なので、早速準備に掛かる。

予定では、なんと、27日の11時の満潮に合わして移動、午後6時の満潮、深夜の干潮までで作業を終えるという。
しかも、古い塗装は全て落とし、プライマーを塗り、3回の塗装を行うそうだ、ホンマかいな?

人数は計5人で総がかり、道具等は此方で揃え、塗料はジークにお願いした。

当日、1030時に岸壁に移動する、狭い港内で回頭に苦労するが、何とか移動できた。
前日までに、岸壁、キールに当たる部分はチェックして於いたので、水深が微妙だがデットスローで進入する。

OK!ボス。スタッフが素潜りで水深を見て、20cm有る、12時には底がつくと思うよ!。
木のブロックを船底に沈めてキールボトムの塗装のスペースも用意してくれた。

12時前に完全にキールは底を着き、皆は早速水中作業で船底掃除と塗料を剥ぎ始める。4名総がかりで干潮までに
ボトムは綺麗にすると言う。

徐々に、ボトムが現れだして、4年ぶりのYUMEが化粧直しが出来る、感無量だ。
最大干潮時にはボトムは完全にゲルコートまで磨かれていた。さあ、塗装だ、マスキングを終えた船底にグレーのプライマーが塗られる。
気温が高いので、直ぐに乾くが、大丈夫か?14時から1回目の塗装が開始、皆の作業は無駄が無い。1回塗るのに30分と掛からないのでビックリする。

此れなら、満潮時までに出来そうだなと認識した。午後の潮は長いので時間も余裕があり、しかも潮高は半分ほどで、その時間配分も皆、良く考えて
満潮後8時まで休み無しで作業を続けてくれた。

8時に全作業が終了、皆で家内が作った夕食を食べて解散した。岸壁に繋がれたYUMEでの船舶は余り気持ち良く無いが、4年振りに
船底を塗装して、大きな仕事が一つ終えた事に安堵して眠った。

翌朝、見違えるほど綺麗に成った船底を眺めて、最大満潮の12時前まで、ゆっくり待機する。
徐々に潮が揚がり、10時頃から、心成しか揺れ出した、今日は昨日より10センチ潮が高いので11時には離低するかも知れない。

11時過ぎ、ドンがボス!もう行けるよと、船を揺らしてみると動くので、よし離岸しようか。今日は少し風が強いのでハーバーのスタッフにも手伝って貰い、
着岸時の段取りをお願いした。

恥ずかしい事に、我々3人とスタッフ計6名での要介護1級船YUMEを無事元の定置係留まで移動した。皆さん有難うね!

こうして、懸案事項で有ったYUMEの船底塗装が無事に終了し大きな作業は一先ず済ませる事が出来た。

因みに、掛かった費用はローラーや刷毛は此方持ち、塗料もシンナーも大体35000円位。
此れは、日本でも海外でも同じ位の価格で、今回使用したペイントはオランダ製であった。

びっくりしたのは、その他の人件費を含む費用だ、ヨット人生40年余りの私、生まれて初めて他の人手で船底塗装を行ったので
その、楽さ加減には言葉が無いが、此れを日本で仁尾で頼んだら幾ら掛かるのだろうか?

その、費用だが、ドッキング料は無料・・・・・人件費は計5名で、なんと6000ペソ(15000円)。
古い塗装をサンドペーパーで落とし、プライマー2回、船底塗装計3回。ドッキング、回送費用は無料。

ゲゲゲ・・・・・・・15000円ポッキリだったのです。この作業、仁尾で見積もりしたら・?位取られますかね〜〜
1日での作業に塗装の糊の不安も有りますが、この値段なら納得です。

早速、浮いたお金で(自分では2万ペソは取られると思っていたので)220Vの家庭用小型冷蔵庫を購入しました。
これで、何時でも冷たいビールが飲めます。万歳三唱!

船底終了後はセイルの解れを直したり街に出掛けたり、まどろんだ日常が続いています。外海は南の風で立っていますが此処は全然
影響が無く、皆が長期滞在なのも頷けます。殆どの船は最低でも来シーズンまで動く気配は無さそうで、我々も辛い航海は、もう御免なので。
来シーズン以降の事は今は考えずに、滞在を楽しむ事にしました。

今月中旬には仕事でバンコクに家内と1週間渡航の予定ですが、此処なら安心して離れられそうです。

では、又!

写真はクラブハウス2回からの景色とYUMEの作業時です。

阿野大介&清子 



再出発[夢]-8-5  投稿者:NAMIKOMACHI-5 投稿日:2014/07/31(Thu) 11:19 No.255

YUME航海記

7月8日にセブヨットクラブに到着して、家内が戻るまでの数週間をドンと過ごす事に成った。
このマリーナは殆どの船がボートキーパーを雇い、時々、ゲストを連れて沖に出すオーナーが殆どで、
マリーナ滞在組みは、我々と近くのアメリカ人60ftのヨットのみで、近所付き合いは、ボートクルー達フィリピン人ばかりだ。

フィリピンで年間100万円の係留費を払える連中はトンでもない金持ちばかりだろう、最大120ftのメガヨットのオーナーは
ヘリコプターでマリーナに来るそうだ・・・・・

40ft以下のヨットはYUMEだけ、経済大国とは名ばかりのこじんまりした日本人には御伽噺か??

セブの滞在も1週間が過ぎ、家内が関空からマニラ経由でボホールに来るので迎えの算段をしていると、ミクロネシアに嫌な低気圧が出来た。
台風にならなければと思っていたら、予想通りに発達してフィリピン、ルソン北部に向かいそうだ。

日本の家内に連絡をして16日の便が関空で欠航、マニラから先が欠航、等の際の対処法を伝えたが、一応当日、空港に向かいフィリピン航空のタ対応
で、関空からマニラは飛ぶそうだが、マニラからボホールは欠航に成った様で、家内にマニラでの一人での滞在は危険なので、翌日の便に振り替えて貰えないか
交渉する様に指示、数時間後、翌日の便に振り替えて貰い、17日にボホールに来れそうだ。

台風は予想進路を守り、マニラを直撃し被害も大きかったそうだが、17日、遅延であったが無事にボホールニ到着した。
17日はボホールからセブ行きの最終高速船に乗れそうに無かったので、ボホールニ1泊する事にした。

翌日、朝一番の高速船でヨットでは9時間掛かった航程を2時間弱でセブに到着・・・微妙な心境。

タクシーで高速船ピアから一路家内とセブヨットクラブへ30分程で到着、早速、ドン君と犬が駆けて来る、家内は3月ぶりのYUMEで荷物を解き、
ラフな服に着替えて、関空からトラブル続きの旅に感嘆していた。

しかし、落ち着く間も無く艇長から乗員に報告、明後日以降、南シナ海から低気圧が北上して1週間程、その影響が出そうなので出航が、2週間の期限を
過ぎてしまい、それ以降は毎日3000ペソを払うのは馬鹿らしいので、明日は恐らくベタ凪の海象であろうと判断し。

一同、艇長判断でセブ北部のポーとカルメン、ジーク、シップヤードに移動する! ドン君とセブヨットクラブに滞在中、数箇所のドライドック、仁尾に有る様なベルトクレーン式の
上架設備はフィリピンにはマニラにしか無い。

本船のドライドックか、スリップウェイで上架せねばならず、その値段も本船を基準とし最低でも15万円はする。で、フィリピンのヨット仲間からの情報でポーとカルメンなら
安いかもと聞き、ドン君が、この近所の出身なので里帰りを兼ねて偵察に向かわせた。

翌日、彼がセブに戻り、写真や値段を聞くと係留もOK,上架も、思ったより安そうなので行く事に決めた。

到着早々に家内も驚いていたが、家内自身、セブヨットクラブを、余り気にいって居ない様なので、一同賛成で19日の0800時に出航とした。
ポーとカルメンは、このマクタン島拠り約17マイル程来たに有り、湾内を二箇所に拡がり、リーフとマングローブに囲まれた天然の良港で、昨年のフィリピンを襲った
大型台風にも被害は無かったそうだ。

只、フィリピンの良港が何れもエントランスが狭く廻りは浅瀬が多いので、入港の情報と慎重な操船は必要に成る。

19日、朝0800時に予定通り、狭い港内をアスターンの効かないYUMEをクルーとクラブのスタッフに助けて貰い(申し訳ない事です)前日のシュミレーションで
対岸から1本舫いを取り、ドン君に船から引っ張って貰い強制的に回頭し、エントランスにバウを向け数回の切り返しで、無事に港外へ。

この船、入出港で航海を終えた位に疲れます。なんでスラスター付けなかったのか?入出港の度に悔しい思いがします。

海峡からビサヤ海に抜けると1030時までは潮が逆なので5knt弱しか足が伸びないが、17nm弱昼前には到着出来るだろう。
ドン君はセブまでの航海が厳しかったので、ベタ凪のビサヤ海で拍子抜けしたようだ。

途中、雨に降られたが、機走で約3時間半、ポートカルメンの入り口が見えて来た。GPSとチャートを合わせるとGPSのチャートが少しずれている様。

入り口の両脇はリーフで浅く290度で進入した後、北はアンカリングポイントで10艇程のヨットが見える。我々は左(南)に折れて、目的地のドライドックや係留予定の
ジークス、シップヤードに向かうのだが、干潮に近く水深は3mを切っている。皆さんの中ではどうして満潮時に入港しないのかと思われる方もいらっしゃると思う。

南洋や、フィリピンの様な島国ではチャートも大事だが、大きな所は目視に頼る事が多い。我々の場合はドン君を舳先に立たせて、家内が水深計をチェック。
私が、デットスローデで操船するスタイル、ドン君が海面の色と海底の色を見極めて私に指示をくれる。

だが、どんなに慎重に航行しても座礁する時はする。が、その際、満潮なら万事給す。潮が曳けていたら満潮の際にエスケイプ出来る可能性は大きい。
入港先の状況にも拠るが、こんな理由で入港時を満潮が良いか、干潮時が良いかも考慮しなければ成らない。

そうやって、港内のチャンネルを探りながらハラハラ操船していると、パワーボートが勢い良く近づいてくる。我々のサイドに近づきジークの者だ!
俺達に着いて来い!と一人はYUMEに飛び乗り、此れから先のパイロットをしてくれるそうだ。

有り難い!彼のパイロット通りに慎重に操船、やはりGPSとチャンネルは0.1マイルずれている。慎重に航行すれば自らで到着出来たと思うが、
ここ、フィリピンでは介護船宜しく、好意は有り難く受けた方が身の為である!(言い訳かな〜)

彼の指示通り、係留地のエントランスを抜け支持された位置に着けるのが、又、一苦労〜〜此処はバウ着け横並び、掘割の対岸からスターンの舫いを取るスタイル
なので、各艇のスターンからのロープが海底に見えたり浮いたりしていて、其れを確認除けながらの着岸をしなければ成らない。

数回、切り替えしていたら、エンジンが警報と共に止まった、ペラにロープが絡んだ様だ。幸い風は無いのでロープを切らねばと思った瞬間、ドン君が海に飛び込んで
Sar−ロープが巻いてる切るから眼鏡とカッター。私の指示を得ないで飛び込んだのは良くないが、する事が躊躇無く早い。ペラを巻いてから5分もせずに彼はロープを
切り取り難を超えた。

狭い空間に皆の手助けで無事に定置出来、サンキュー、サンキュー。早速片付けを終えて、ボスのジークに挨拶する。彼は元船乗りでヨットで世界を廻り、フィリピン人の
奥さんと25年前に、このシップヤードとハーバーを始めた。如何にもアメリカ人で大声で笑い、私の肩を叩く。

係留費は1ヶ月7000ペソ、水、電気代込み。ボホールの半額、セブの10分の1。家内とドンとでクラブハウス2階に有るバーでビールを飲みに行くと、各艇のオーナーから
早速の自己紹介を受け、話し込み、気が付いたらビールは温かくなっていた。でも、久しぶりにヨッテイー(本物の)と話や情報交換が出来て嬉しかった。

このハーバーでジークと上架と作業の相談をし、次の航海の計画は未定だが、今の季節風では辛い航海は目に見えているので、慌てず楽しんで滞在する事にする。



再出発[夢]-8-4  投稿者:NAMIKOMACHI-5 投稿日:2014/07/29(Tue) 14:05 No.254

新しくメールが入りましたので添付します
根回しの上手さ・・流石です

YUME航海記

長らく滞在したボホールヨットクラブ去る時が来た。
7月8日に、此処タグビラランからセブ島中部のマクタン島の以前紹介したセブヨットクラブに移動する。
距離は約50マイル、9日以降に低気圧が接近するの為、この日を選んだのだが、朝6時出航連れ潮で条件が良ければ3時頃には
到着の予定だ。

風は予報では12Knt前後と成っているが、ボホールを交わしてからは真ランに成り殆どは機走になろう。

出航直後、島影を抜けると、思ったより波が大きく、潮の影響もあり、一番嫌な斜め後方からの波でオーパイを使えない。
今回のセブまでの航海は家内は帰国中の為、フィリピン人クルーのドン君とダブルハンドに成るが、彼は未だ経験が浅いので、それ程
航海には役に立たないが(しっかり船酔いしてました)人手が有ると安心する。

嫌な海象で有ったが、予定より早く到着しそうで安心していたが、後方から嫌な雲が近づいてくる。此れは一雨降るなと心配していた。
予想通り、セブとマクタン島の間の海峡に入る2マイル前に突然、吹いて来た。

風速計は見る見る上がり30Kntを越えてきた。前は土砂降りで視界は悪く、波も立ってきた。
このまま流されるとマクタン島周辺の浅瀬に座礁する危険がある。ドンも始めてのストームを経験して不安そうだ。

今までの経験でスコールが過ぎ去るのは数十分なので、其れまでエンジンをYUMEの最大回転数で持ちこたえるしかない。
風は益々上がり、35Kntを越えて40Kntを瞬間にオーバーしている。

マクタン海峡まであと半マイル、海峡内に入ってしまえば波は無いはず、風も落ちて居るはずだ。
視界の悪い中ドンに目視で入港ブイを探させて、GPSを頼りに航行する。 ドンがキャプテンブイが見えてよ! マクタンの橋も見えて来た!

その声に微かな安心感を覚えたが油断は出来ない。入港ブイをスターボーに見て慎重に水深を確認しながら海峡に入る。
案の定、途端に波は収まり、風も12Knt程に落ちた。 ここから、目指すヨットクラブまで1時間程、幸い船の行き来も少なく、海峡の真ん中を浅瀬を
除けながら、順調に航行出来た。

到着30分前に、今、セブのパワーボートのキャプテンをしているRICOに電話をして、到着の時間と桟橋の確保を再確認する。
行き会いの船に注意しながら、前方にマストを確認、セブヨットクラブのエントランスが見えて来た。

以前にセブヨットクラブは見学しているので、マリーナ内の様子は把握しているが、大きな船ばかりで回頭のスペースが狭く、場所に拠っては
非常に接岸し難い。狭いエントランスを入りるとRICOが手を振り此処に着けろと合図している。その場所は両脇が60ft前後のパワーボート
に挟まれたスペースで、とてもじゃないがアスターンで着けるのは無理のようだ。

一旦港内で体制を整えてバウ着けにする事にした。出航が難しくなるが仕方が無い。桟橋にはRICOとヨットクラブのスタッフが舫いを取ってくれて
無事に着岸出来た。 舫いを固めてRICOとの再会し、ドンは役に立ったか?と聞かれたので、役に立ったよ、と答えたら、ドンが笑って、船酔いした!
と返したら、皆から冷やかされていた。

事務所で早速、係留の手続きをする。以前にも伝えてが、このセブヨットクラブはお金持ちのマリーナで年間100万円はする。
ビジター料金も17日間が22000円位で、それ以降は1日7000円もする。なので17日間で今回の最大の目的である、上架の場所を選定しなければ
いけないのだ。

家内が17日にフィリピンに戻るので、其れまでには上架の準備をして出航を待ちたい。其れまでの間、このマリーナでドンと2人の男所帯。
まあ、何とか成るだろう。その報告は又次回させて頂く。




再出発[夢]-8-3  投稿者:NAMIKOMACHI-5 投稿日:2014/07/05(Sat) 14:43 No.253

YUMEの現在の様子をお伝えします。

先月からボートボーイを雇ったので自分では億劫な作業を全部してくれるので老年に入りつつ有る私には
重宝しています。

夏の季節風に変わったので、南のネグロスに向かうか、北のセブに向かい上架するか悩んでいます。
セブは桟橋が有るので便利ですが、ネグロスは振れ回しでテンダーが必要です。

船外機も直り、テンダーも購入したのでアンカリングでも問題は無いのですが、不便には成ります。
今月半ばに出航を考えていますが、此れからは台風の発生や動向も注意が必要です。

皆さんも、梅雨明けのヨットライフに備えて準備されている事と思いますが、此方の海も良いですよ。
どうぞ、お出で下さい。関西空港から僅か4時間で異国でのヨットライフを味わえますよ!

注、写真は遊びに来たフィリピーナ(Yumeのゲストの平均年齢は驚異的に下がりましたよ!)
   と綺麗に木部も再塗装致しました。

阿野大介&清子
・・・・・・・・・・・・・・・


    



再出発[夢]-8-2  投稿者:NAMIKOMACHI-5 投稿日:2014/05/25(Sun) 10:13 No.252

お早う御座います。

タイ、久しぶりの戒厳令と、事実上のクーデター。バンコクへ連絡すると夜間外出の禁止令は在るが
平常の生活通りだそうです。まあ、何時もの調子ですね。

昨日はフィリピンの若い子達とアンカリング、海水浴に行きました。ペイドクルーのDon君と臨時で一人雇い計7名で
セーリング、アンカリング、海水浴。

彼らにとって、やはりヨットの存在は羨望の的、金持ちの遊び道具で、自分達には無縁の物と言う存在でしたが、
ここは日本人のPRも兼ねて、招待すると一人の予定が4人に成りました。一人は弟持参で・・・・・・

興奮して写真を取り巻くって居ましたが、私達を招待してくれて、同じ目線で付き合ってくれるのは日本人だけと感謝されました。
序に、韓国人と中国人の悪さ加減を洗脳しときました。

テンダーが使える様に成ったので新しい計画が建てられそうです。

今、雇っているDon君(21歳)は、中々の働き者なので助かります(但し、フィリピン人のレベルでですが)
彼に任せて、6月中には帰国出来そうです。


阿野



再出発[夢]-8-1  投稿者:NAMIKOMACHI-5 投稿日:2014/02/27(Thu) 10:36 No.251   HomePage

写真 続編です



再出発[夢]-8  投稿者:NAMIKOMACHI-5 投稿日:2014/02/27(Thu) 10:34 No.250   HomePage

YUME航海誌

先日、家内とヨットクラブのRICOに案内して貰い、セブ島のマリーナを見学に行った。
セブ島には、このタグビラランから、高速船で2時間余りでセブシテイーの桟橋に到着する距離だ。
朝の1地番の便0700時を前日に予約したが、船内はガラガラで冷房が効きすぎて寒さに震える。

高速船は順調に航行し、セブ島と、その沖合いに在るマクタン島の海峡に入り、セブシテイーに到着した。
セブ島はフィリピン第2の都市だけに、ビルも立ち並ぶ、大きな町で、我々、パラオから来た田舎者には、少々居心地が悪い。

下船後タクシーが捕まらないので、近くの大型スーパーまでジプニー(乗り合いの小型バス)に乗り、スーパーからタクシーで目的地の
ポルターマリーナに向かう。 セブシテイーの北側、マクタン島の北の端の対岸辺りに位置するマリーナだが、此れが、結構な距離だ。

途中から道も悪くなり、片田舎の様相で、最後は峠越えのガタガタ道、こんな所にマリーナがあるのかいな?
と、思ったら、数本のマストが見えてマリーナの全容が見えて来た。

マリーナと言ってもポンツーンの在るイメージで来たのだが、掘割の護岸に桟橋を付けた、よく言えばオランダの運河にアロングで船を係留するスタイル。
其れなりに設備は整っているが、上架の設備はクレーンでは無くてスロープ式、クラブハウスらしき物もある。

しかし何と言っても不便極まりない。此処で生活するには車が必要だろう、係留中の船には日本のカタマランも居たが、車も所有して、近くに家も借りているとか。
家内と相談したが、船は安心かもしれないが、係留は難しいと判断した。事務所で詳しい料金等を確認して、もし係留の際は、宜しくとお願いした。

期待していたので、ショックだったが、気を取り直して、次のセブヨットクラブへ向かう。このクラブはセブ島の対岸のマクタン島に位置して飛行場にも近く便利だとそうだ。
タクシーでマクタン島への橋を渡り、暫くマクタンの街を走ると近代的な町並みの中にクラブに到着した。

エントランスは椰子のクラブハウスやバーが有り、其れなりの雰囲気は在るが、桟橋に向かうと、その景色に興が冷めた。正面には大きな公船が停泊、
ヨットよりは大型のパワーボートが主体で、そのヨットも大型が多く金持ちのアメリカ人が殆どとか。

沖合いにアンカリングの艇も居たが、なんと言っても係留費が高すぎる。ビジターは2週間までは500ペソ程なのだが、其れを越えると1日3000ペソに成る。
メンバーはと言うと、入会金が100000ペソ(23万円)月の係留費は桟橋使用で1月20000ペソに管理費として2000ペソ程取られる。

この程度の施設のマリーナに日本並みの係留費を払うのは馬鹿らしいので早々と引き揚げた。近くのレストランで食事をしながら、
家内と今日見学したマリーナの感想を話し合ったが、上架は別としても、我々にはセブでのヨット滞在は向いていない様だ。

期待していただけに、RICOが昼食後、次の予定は?と聞かれたが、1800時の高速船まで5時間余りをセブの街をうろつく元気も失せたので、1400時の便でボホールに帰る事に
した。RICOは用事を済ませたいので、予定通りの最終便で帰るとの事で、高速船の桟橋まで送って貰い、1400時の便でタグビラランに1600時に到着。

短いセブ滞在であったが、セブ島自体は悪い街ではなく、我々の目的がマリーナ見学だったので、残念な結果であった。
セブでの係留が難しいと成ると、此れからの計画が、又、振り出しに戻り、このボホールの桟橋の係留を延長して、今後の計画を立てなければいけない。

日本と違い、此方の思惑で何でも解決出来る国では無いので、焦らずに良い方向を目指す事にする。

写真は高速船と、ポルターマリーナ、セブヨツトクラブの係留状態。

阿野大介&清子

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16]
投稿画像の表示サイズを変更できます
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(削除キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除も出来ます。お気軽にドーゾ。

処理 記事No 削除キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50 :Edit by Yamamoto -